風の丘に
Music&Lyric/Naoya Fukuda



周りと少し違う瞳 一人で生きていくしかなかった
傷ついて居場所なくて信じられるのは 自分だけだった

失った笑顔 ガラスの心を守るように
戦い傷つきぼろぼろの身体で 風の丘に立ち尽くす

もう一度手を握りしめ、この空にこぶし掲げた
明日に向かってただ走り 続けるしかなかった


正しさは体裁につぶれ 戦い破れ枯れた心に
静かに降る雨の下傘もささずに 空を見上げてた

顔を打つ雨が 枯れ果てた心湿めらせてく
歩いてきた道遠い光の中 手を伸ばして抱きしめた

たとえ今歩けなくても 君が信じた道だから
きっと大丈夫つぶやき 祈るように目とじた


雨は止み雲間から光が射した 風に揺れる小さな花に微笑んだ


もう一度手を握りしめ、太陽にこぶし掲げた
明日に向かってもう一度 歩き出した

たとえ今歩けなくても 君が信じた道だから
きっと大丈夫もう一度 風を感じ 微笑んだ





Close